ホーム > 二俣川 不動産 > 家賃の使われ方

家賃の使われ方

二俣川の賃貸を借りている。

毎月家賃を支払っているが、素朴な疑問で、この家賃は、大家さんへ支払われた後、どうなっていくのだろうと思った。

まず、毎月家賃を大家さんへ支払う。

大家さんの銀行口座へ入る。

大家さんの賃貸事業の売上げとなる。

大家様の固定経費としては、建物の建築費ローンの返済と建物・土地の固定資産税。

それと借りているローンの金利。建物の修繕の為の積み立て。それに火災保険だ。

それぞれの必要経費を引いて大家さんの手元に残ったお金が、大家さんの儲けとなるわけだ。

んー。それを自分の為に自宅を購入するとしたら・・・。

住宅ローンの支払い、固定資産税・・・10年ごとの建物メンテナンス費用。そして火災保険だ。

良く考えてみると大家さんの支払いを我々入居者が変わりに支払っているんじゃね?と気が付く。

やっぱり自分で自宅買おう!


関連記事

  1. 賃貸物件の掘り出しエリア

    相鉄線は、そのネーミングが和製なのがダメなのか?それとも何の特徴も無いのがダメな...

  2. 家賃の使われ方

    二俣川の賃貸を借りている。 毎月家賃を支払っているが、素朴な疑問で、この家賃は、...

  3. 二俣川の賃貸

    最近の自分の検索ワードNO.1は「二俣川 賃貸」だ。 何故かというと友人が二俣川...

  4. 投資用マンション

    二俣川に投資用のマンションを買おうと思っている。   色々と考えた末の...

  5. 不動産を購入するタイミング

    相鉄線の二俣川周辺で再開発事業が進んでいる。 「二俣川の不動産」を購入しようと色...

  6. 二俣川の不動産物件

    二俣川 不動産でネット検索すると様々な不動産会社のホームページがヒットする。 &...